1日の終わりにシャワーはNG?!シャワーの賢い利用方法

一日の終わりにお風呂に浸からずにシャワーだけな人が増えてきています。

シャワーはすぐに入ることができるし、水道代もそこまで使いません。そしてお風呂だと使った浴槽の掃除がありますが、シャワーだと掃除も楽々。ささっと体を洗えるから体もすっきりさっぱりする。

そんな理由で、特に若い人や一人暮らしの人はだんだんシャワー依存になってきています。

ですが、ちょっと待ってください。一日の終わりにシャワーってNGなんですよ!

今回は一日の終わりにシャワーはNGな理由とシャワーの賢い利用方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

シャワーは体を冷やす

シャワーは体を洗って流すのにはちょうどいいんですが、お風呂と違って体を温める効果はありません。

むしろ体温を奪ってしまう傾向があります。

人の体は温めると内臓はよく動くようになるんですが、逆にシャワーのように体を冷やしてしまうと動きが鈍くなって体に不調を与えてきます。

特に胃や腸の動きに密接な関係を持つので、お風呂じゃなくシャワーを毎日かかる人は便秘の人が多かったりします。

スポンサーリンク

体を痛めやすい

首、背中、腰を痛めやすくなります。

この痛めるというのは俗にいうぎっくり系の痛みです。あの半端じゃない痛みを誘発しやすい原因がシャワーにはあります。

シャワーって体が冷えるんですが、一日の終わりにシャワーを浴びるとこの冷えたまんまの状態で、そのまま就寝になってしまいます。

筋肉って冷えると固くなるという性質を持っていますが、冷えた筋肉のまま寝ると朝起きたときに体がカチカチになってしまいます。

筋肉の柔らかさというものがなくなってくるんですよ。

この状態で、突然な動きをしたり、重いものを持ったりすると筋肉はその負荷に耐えきれずに傷が入ったり、関節を痛めたりしてしまいます。これがぎっくり系になる原因なんです。

ぎっくり系の痛みを訴える人とよく話すことがあるんですが、ほとんどの人が毎日シャワーでお風呂に浸からない人が多かったです。本当に嘆かわしいことです。

スポンサーリンク

お風呂の効果は得られません!!

今まで紹介してきたようなお風呂の体の痛みや疲労を和らげる効果やストレスを和らげる効果はシャワーでは絶対に得られません!

 

体の慢性的な痛みと疲労にはお風呂が一番!!お風呂が和らげる体の痛みと疲労
毎日の仕事や家事・育児で、体は慢性的な疲れと痛いところだらけになってしまいます。 寝て起きても体がだるい。起きるときや動き始めに、鈍い痛みや突っ張った痛みを感じる人は多いはずです。 まるで体が自分の体じゃないくらいにだるいし、痛...
お風呂は心を癒す。風呂活でストレス発散をしましょう♪
嫌なことがあったり、辛いことがあったり、悲しいことがあると溜まってくるのがストレスです。できれば毎日ストレスなんか溜めないで過ごしたいものですが、毎日の生活は待ってくれません。ストレスが溜まったまま寝てストレスが溜まったまま次の一日...

もう一度言っておきます。絶対に得られません!

スポンサーリンク

シャワーの賢い利用方法

じゃあシャワーって使っちゃダメなの?と言われそうなんですが、使い方次第では体に良い方向に影響してくれます。

運動後に使う

運動後にシャワーを浴びるのは血液の流れを円滑にして、いち早く疲労回復を促す効果があります。

運動やトレーニングをした後は使った筋肉に血液が溜まり、他の筋肉や内臓には最低限の血液しか流れません。

そのため、一度筋肉を冷やしてクールダウンさせることで、全身に血液を流すようにすることができます。

汗と汚れを落とすためだけではなく疲労回復にも使えるんです。

ぎっくり腰をしたときに使う

ぎっくり腰をした3日目までは腰に炎症と言って熱と激痛を発生させます。

この場合はお風呂って浸かってはダメ!

お風呂に浸かってはいけない時
風呂活をススメているこのブログですが、どんな時でも入るべきだという訳ではありません。 お風呂にも浸かっていい時と浸かってはいけない時があります。 知らずに入ってえらいこっちゃになることもあるので、今回はお風呂に浸かっていけない時...

それでも体の汗や汚れは落としておかないと気持ちが悪いですよね。

そこでシャワーです。シャワーなら温まらないので炎症を悪化させることがありません。

一日の終わり以外に使う

夜寝る前はお風呂がいいんですが、朝や日中の場合はシャワーがちょうどいいです。

例えば夏場の暑い時期に汗をかきすぎた時や農作業などをしていて体が汚れた時とかは、ささっと汗と汚れを流すくらいなので、シャワーの方が効率が良いです。

スポンサーリンク

まとめ

シャワーを一日の終わりに使うとなにかしら体に不調を及ぼしてきます。

出来れば一日の終わりはお風呂に入ることが大切です。

ですが運動後やぎっくり腰、一日の終わり以外に使うのであれば、シャワーもまた体に良い効果をもたらしてくれます。

うまくシャワーとお風呂を使い分けて生活することがとても大切です。

 

↓ポチっとしてもらえれば励みになります。

にほんブログ村

健康と医療ランキング

コメント