お風呂に浸かって夏バテ対策

暑い夏は夏バテに悩まされるつらい季節です。

このままの状態だと仕事や育児、家事なんかにも支障をきたしてしまいます。というか暑くてだるくて何にも出来なくなってしまいます(´Д`)ハァ…

誰かが変わりにやってくれるんならいいですが、やってくれるわけないですよね。むしろみんな同じ症状だったり(´▽`;) ‘`’`

そこで、風呂活です。この風呂活が夏バテ対策にもなるんですよ。

今回は夏バテになる原因とお風呂に浸かることが予防になる事についてご紹介します。

スポンサーリンク

夏バテ

夏バテとは

夏バテは、夏の時期に起こる体の不調のことを指します。主な症状としては、暑い時期の全身の疲労感だるさ倦怠感食欲不振吐き気下痢眠気などがあたります。

夏の時期に同じような症状を感じたことがある人は多いはずです。

夏バテの原因

梅雨から夏への季節の変わり目

梅雨時期から夏へと季節の変わり目の気温の急激な変化によって引き起こります。少し前までは涼しかったのに、突然次の日から気温が一気に上がると体はその気温に適応するためにエネルギーを消費し、体が疲れて夏バテを起こしてしまいます。

この場合は夏の暑さに体が慣れていけばだんだん夏バテの症状は治まってきます。

エアコンによる室内外の気温差

猛暑の場合、エアコンを使う事は熱中症対策に大事なことです。ですが、外の気温とエアコンが効いた中の気温が10℃以上差がある場合、体の急激な気温の変化がストレスになって自律神経がうまく働かなくなってしまいます。

この自律神経の変調が胃腸の不調や全身の倦怠感、さらには食欲不振を招いてしまいます。

他にも、人間は汗をかいて、その気化熱で体温を下げているのですが、エアコンが効きすぎた部屋では汗をかかなくなってしまいます。そのような状態だと汗腺から汗が出なくなってしまうので、暑くても体の体温調節がうまくできずに不調が出てしまいます。

高温多湿

日本の夏は高温多湿です。暑いだけでカラッとしているならまだ涼しいんですが、これに湿度が付いてくるので蒸し暑いのです。

この場合、汗がよく出てしまう傾向になるんですが、逆に汗の出口周辺がべたべな汗や汚れで詰まって、汗が出ずらくなってしまう場合があります。そうなると体の温度は下がらないので、夏バテの症状やひどい時は熱中症なんかにもなってしまいます。

冷たい飲み物

暑い時期はついついキンキンに冷えた飲み物を一気に飲んでしまいがちです。この一気に飲むというのが内臓を冷やしてしまってお腹を壊してしまったり、食欲不振などが起こしてしまいます。

暑くて眠れない

夏は熱帯夜というほど暑くて寝れない夜もあります。そうなると体の疲れも取れないし、寝れないのと暑いのでイライラしてしまい、体調を崩してしまいます。

スポンサーリンク

お風呂で夏バテ予防

それではお風呂が夏バテ予防になる理由を書いていきましょう。

お風呂に浸かって体温調節

エアコンで冷えてしまった体をお風呂にゆっくり浸かることで、体温調節機能と自律神経機能を元に戻す効果があります。そして、内臓も温まるので、内臓機能の働きも良くなります。

体の汗や汚れを落とし発汗させる

高温多湿な夏は汗や汚れが汗腺や肌に溜まりがちです。先ほど書いた通り、このせいで汗が出ずらくなって夏バテや熱中症になってしまう場合もあります。

体を洗う事で、汗や汚れを落とし、お風呂に浸かる事で、全身から発汗させて汗腺に詰まった汗や汚れをなくすことができるのです。

汗や汚れを洗って流すくらいならシャワーで良いじゃんと思っていたあなた!

シャワーだと肌の表面の汗や汚れは落とせますが、汗腺に詰まった汗や汚れは落ちませんよ。日中の汗や汚れを洗い流すならシャワーはいいんですが、一日の終わりに入るのは絶対にお風呂にしましょう。

お風呂に浸かって安眠快眠

お風呂に浸かることで睡眠の質を上げることができます。詳しくはこちらをお読みください。

お風呂は睡眠の質をあげる効果あり!お風呂に入って安眠快眠
睡眠は脳の疲れを癒し、体の不調を治すために大切な時間です。 ですが、朝寝て起きても体が重い・だるい。しっかり寝たはずなのに眠たい。そんな体の不調を訴える人が最近多くなってきています。 これは寝ている時の睡眠の質が低いせいで熟睡で...

しっかり夜に寝ることで、体の疲労感やストレスを和らげることができるので、夏バテ予防にもつながります。

スポンサーリンク

夏のお風呂の浸かり方

入浴前にコップ1杯の水分補給をして、39℃前後のお風呂に10分くらい浸かることが好ましいです。

そしてお風呂上りにもコップ1杯の水分補給をしておきましょう。

お風呂を上がった後は、扇風機の前やエアコンの風が来るところで一気に体を冷やさずに、離れた場所でゆっくり汗をひかせていくようにしてください。うちわを使うのがいいらしいです。

夏場のお風呂が熱くてあまり好きじゃない人は、使うとヒンヤリするメンターム系の入浴剤やシャンプー、ボディーシャンプーがあるので、そういうのを使うとお風呂から上がっても汗もすぐひいて、スッキリさっぱりできるのでおススメです。

暑い日には入浴剤でさっぱり温まろう!
夏が近づいてくると日に日に気温も高くなってきます。 日中暑いのはしょうがないことなんですが、夜も熱帯夜とも言えそうなくらい暑くなってくるので、ついついお風呂は敬遠しがちになってしまいます。シャワーでさっぱりさせればいいか~と思う人続出...
夏は頭からCOOLにスッキリサッパリ。枕の男臭を抑えるシャンプー
梅雨が明けると連日30度を軽く超える地獄の夏がやってきます。昔は30度を超えるようなことは稀だったような気がするんですが、最近では35度くらい行くのがざらになってきていますよね(;´Д`) 暑い夏はちょっと外に出たり、ちょっと動くだけ...
スポンサーリンク

まとめ

最近は猛暑と言われるほどの地獄のような暑さが続いているので、エアコンや冷たいものを飲んだり、暑くて眠れなかったりと夏バテになってしまいやすい原因ばかりです。

こういう時は、暑いからとお風呂は避けがちですが、こういう時こそお風呂に浸かって体の調節をしておきましょう。それが夏バテ予防にもつながってきます。

まだまだ暑い時期は続きますので、夏バテをお風呂で乗り越えていきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

↓ポチっとしてもらえれば励みになります。

にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

  1. ビー玉 より:

    お風呂あがりにうちわの風…誰かに扇いでもらうとなおいいですね(*’▽’*)

    • 伏兎 より:

      誰かに・・・ってお嬢様やんwww是非とも旦那様にやってもらいなさい(`・ω・)bグッ!