子どもとのお風呂タイムを楽しもう。お風呂でウォーリーをさがせ!

『ウォーリーをさがせ!』は子どもも大人も夢中にさせてくれる世界的に有名なもの探し絵本です。

私はこの『ウォーリーをさがせ!』シリーズが大好きで、いつまで経っても変わらない赤と白のシマシマ服に丸メガネをかけた優しい笑顔のウォーリーをたくさんの人や物が描かれている中から見つけ出すあの達成感が堪りません。

しかも、今ではウォーリーだけじゃなく、ウォーリーの恋人ウェンダや謎の魔法使い白ひげ、ペットのウーフ、偽ウォーリーのズローウォーリー親衛隊と探す人も増えているので、1冊買っておけばたっぷり楽しめる内容になっています。

そんな『ウォーリーをさがせ!』なんですが、本屋さんでおもしろいものを発見してしまいました。

それがこちら。

ただのポスターではありません(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

お風呂の壁にペタッと貼り付けれて、お風呂に浸かりながら子どもと一緒にウォーリーを探せるおふろポスターなんです。

今回は子どもと一緒に楽しくお風呂で遊べる『ウォーリーをさがせ!』おふろポスターについて紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

『ウォーリーをさがせ!』おふろポスター

『ウォーリーをさがせ!』おふろポスターの種類は

  • ゆうえんちでさがせ!
  • スポーツスタジアムでさがせ!
  • えきでさがせ!
  • ビーチで探せ!

の4種類。どれも『NEWウォーリーをさがせ!』の1場面をポスターにしています。

絵本では隠れていた部分も追加され、問題もリニューアル。本体サイズは縦52㎝×横76㎝と絵本よりも大きくてとっても見やすい。

普通に壁に貼って楽しむもよし、耐水性がしっかりしているので、お風呂の壁を水で濡らして貼り付けるのもよしです( ´∀`)bグッ!

スポンサーリンク

買ってみました

お家で入るお風呂時間を子どもたちと一緒にウォーリー探しで楽しもうと思ったので、買ってみました。

買ったのは『えきでさがせ!』。

長男は特にこだわりがないんですが、最近の次男は電車にハマっているのでこいつをチョイスしてみました。

持って帰ると大喜びな2人w

見てもらえばわかるようにこのおふろポスター結構長いんですよ。こうするとわかりやすいかな。

もう少しで2歳になる次男の身長よりも長い感じです。

中にはこんな風におふろポスターが入っています。

ではさっそくお風呂の壁に貼り付けて遊んでみましょう。

お風呂の壁に貼ってみよう

まず、貼る前に丸くなっているポスターを逆向きに丸めて伸ばしておきます。

こうでもしないと丸まって箱に入っていたんで、すぐクルンと丸まってしまって壁に貼り付いてくれないんです(´Д`)ハァ…

そしてお風呂の壁に水をかけて濡らしてそのまま貼り付けるだけです。

ですが、長いこと丸めて箱に入っていたから簡単には貼り付いてくれなかったので、私は家にあったパンダのマグネットを使って貼り付けました。

最近のお風呂の壁はマグネットがつくような壁になっていることが多いので、マグネット用品はお風呂の収納やちょっとしたことにかなり使えます。これをこんな感じに角に置いて止めていきます。

これで完成です。

相変わらずウォーリーシリーズの絵は人物や動物、物が細かく個性的に描かれていて、まるで一枚の絵画のようです。ウォーリーを探さなくてもこれを見ながらゆったりお風呂に浸かっているのもかなり楽しいですよ。

大興奮な子どもたち

長男はウォーリー探しに夢中なんですが、次男は電車に大興奮。

2人とも喜んでくれたので、買ってきて正解でした。

ウォーリーや仲間たちを見つけたあとは他にも探す問題が書いてあるので、まだまだ楽しめそうです。

ウォーリーを探してた長男が変なものを見つけたみたいですw

電車の上にまさかの宇宙人(°д° )!!

かなりくつろいでおられますね(´▽`;) ‘`’` いや~こういう小ネタみたいなのがちょこちょこ織り交ぜてあるのもウォーリーのいいところですよね。

遊び終わったら

壁から剥がして日陰の風通しがいい所で乾かしましょう。

そのまま貼っておくとおふろポスターと壁の間にカビが生えてくるので気を付けてください。

スポンサーリンク

まとめ

『ウォーリーをさがせ!』おふろポスターは、お風呂タイムを親子で楽しめる良いアイテムです。

子どもとのスキンシップにちょうどいいので、日頃子どもと触れ合う時間が短いお父さんは、子どもとお風呂に入る時に使うといいかもしれませんね。

遊び飽きたらお部屋のポスターにするのもいいんじゃないでしょうか(´∀`*)ウフフ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↓ポチっとしてもらえれば励みになります

にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント