お風呂を楽しむアイテム 音楽 風呂活情報 お風呂スマホ 壊れる

お風呂スマホはスマホが壊れる原因。その理由とお風呂で使う場合の方法

スポンサーリンク

最近のスマホ(iPhoneも含む)は耐水性や防水性のある機種が増えてきています。

なので、水に濡れても大丈夫だからとお風呂の中までスマホを持ち込んで浸かりながら楽しむ人もいますよね。

耐水性・防水性だからといってお風呂でスマホを使っていると壊れる原因となってしまうって知っていますか?

今回はお風呂でスマホを使うお風呂スマホをしているとスマホが壊れてしまう原因になるという話とお風呂で使う場合の方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

スマホの耐水性・防水性

耐水性や防水性というような紹介がされているスマホの機種が増えてきていますが、スマホの場合では「一般的な日常生活における水しぶきまで」が耐水・防水性能があるスマホが耐えられるラインと言われています。

例えば、雨が降り出してそれでスマホが濡れてしまったとか、洗面所で水しぶきがかかってしまったとか、グラスをひっくり返して濡れてしまったとか、日常で起こるちょっとしたウォーターアクシデントくらいなら耐えられるくらいの耐水性・防水性です。

なので、お風呂でスマホを使うなんてことは想定されていない耐水性・防水性だという事を理解してもらえればありがたいです。

スポンサーリンク

お風呂で壊れる原因

お風呂での水しぶき程度ならスマホが壊れる原因とはならないんですが、お風呂に持って入ると壊れてしまう原因が3つあります。

風呂ポチャ

まずはお風呂にポチャッと落としてしまう事。

軽く濡れるくらいならいいんですが、お風呂の中に水没させてしまうとダメになる確率は高いです。

結露

結露とは冬の窓ガラスでよく起こる現象で、部屋の中の気温と窓の外の外気温の温度差によって空気上の水蒸気が冷やされて窓ガラスに水滴が発生してしまうものです。

お風呂にスマホを持っていくと、浴室の中の温かい温度とスマホの中の冷たい温度が反応して、スマホ内にこの結露を発生させてしまう事があります。

内部に結露が発生してしまうので、その状態でスマホを使っていると中でショートを起こして壊れてしまう恐れ大です。

湯気

お風呂から湧き上がる湯気も注意点。

どんなスマホでも充電をする部分ってありますよね?

そこに水分を含んでいる湯気が入り込んだ場合、お風呂から上がって渇いていないうちに充電器を差し込んでしまうと、充電器と充電部分に付いた水分が反応してしまって充電器を錆びさせたり、スマホの充電部分をショートさせてしまう事があります。

スポンサーリンク

お風呂で使う方法

防水ケース

どうしてもお風呂に浸かりながらスマホを楽しみたいのであれば、防水ケースに入れて使いましょう。

これならお風呂ポチャしてもスマホが濡れる心配はないし、スマホと防水ケースの間に空気の層ができるので結露ができづらく、湯気の影響を受けません。

ですが、結露は絶対に出来ないという訳ではないので、安心はしないようにしてください。

音楽を聴きたい場合

お風呂で音楽を楽しみたいなら、Bluetoothで音を受信して聞ける防水性スピーカーを使うのが特策です。

水に濡らすことを前提に作られているので、その防水性はスマホやiPhoneなんかに比べてはるかに高いです。

また、最近の湯沸かし器にはスマホやiPhoneを繋げると、浴室側に音楽を流せる機能がついているものもあるので、確認してみてください。

給湯器のリモコンと百均アイテムを使ってお風呂で音楽を楽しむやり方
お風呂っていいですよね。 浸かるだけでゆったりまったりほっこり。気持ちを落ち着かせてくれたり、ストレス発散効果もあります。 そんなお風呂をもっと楽しむためにお風呂で音楽を聴く人が増えています。 お風呂の中でリラックスしなが...
スポンサーリンク

まとめ

お風呂に浸かりながら優雅にスマホを楽しみたいという気持ちはわからなくはないですが、耐水性・防水性のスマホでもお風呂で使うと壊れてしまう恐れがあるという事を知っておいてください。

お風呂の時間は心と体、あと目も休ませてあげてほしい時間なので、できるならあまりお風呂にスマホを持って入らないようにしてもらいたいなぁ…と風呂活を推奨する私としてはお願いしたいところです。

どうしてもお風呂で使いたいなら防水ケースなどを使って楽しむようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました